貴族探偵、第1話のネタバレ感想でぇーす

キャスティングと台本の内容が噛み合っていないというのが一番の印象でした。

豪華な俳優陣を使ってコントをしているような感じのドラマで、パロディー要素がドラマのトレンドとなっておりますが、ボケ方が中途半端で配役のハマっていない具合が半端ではないと思いました。

貴族探偵1話 無料動画

特に相葉さんの役は主人公なのにほとんどセリフがなく、少ないフレーズで存在感を出す必要がある為、相葉さんでは印象が薄く、服装も含めた見た目にコント感を感じました。

貴族探偵、第1話のネタバレ感想

パロディー要素を押していくのであれば、嵐にしやがれでThis is MJみたくカッコつけがボケにもなる松本さんか怪物くんを演じていて、コミカルな印象のある大野さんの方がより面白く感じるだろうなぁと思いました。

月9そのものの方向性が疑わしく、俳優陣の個性が生かされているようには思えなかったため、ドラマのストーリーが入ってきませんでした。

フジテレビの批判をしたい訳ではありませんが、せっかく集まった豪華な俳優陣がドラマのコンセプトと配役によって可哀想に思える内容でした。

これだけの豪華キャストは他では見られないので、かなり期待して見始めました。

最初のカット、井川遥と武井咲のやりとりは、面白いドラマになりそうな予感も感じさせたのですが。

物語が始まりお話が進んでいくにつれ、何か心の隅っこに引っ掛かるものがありました。

最初のカット、井川遥と武井咲のやりとりは、面白いドラマ

これは何かに似ている。何かの二番煎じではないのか。

そのことがハッキリしたのは刑事として生瀬勝久が登場した時でした。

「あぁ、これは劣化版の『トリック』なんだ」と。

一度そう思ってしまうと、もうダメでした。

武井咲がどう逆立ちしても仲間由紀恵になれるわけもありません。

というか、基本的に武井咲にはコメディは向いていないです。

そして決定的だったのは主役である貴族探偵が貴族に全く見えなかったところです。

何か威厳とか気品とか、あえて感じさせない役作りをしたのでしょうか。

それが意図的に行われているのなら相葉雅紀の役作りは成功しているでしょう。

主人公の登場シーンから、どんどんつまらなくなるドラマというのも、なかなか珍しいです。

カテゴリー: フリースタイル タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です