食糧人類の1巻を購入したのでレビューしてみます

漫画はごく普通の青年たちが、ファーストフードを食べているところから始まります。

そのフライドチキンがどのように作られているかと、とりとめのない話をしていたのですが…。

食糧人類の1巻を購入したのでレビュー

そのあと乗ったバスの乗客全員がガスで眠らされ、拉致されてしまうのです。その後の展開が今まで見たことのない、気味の悪さでいっぱいの非日常となります。

主人公の目の前で氷漬けになった人間たちがマグロのように解体されたり、チューブから送られてくる非常に中毒性の高い甘くて美味しい液体を一心不乱に飲み続ける、一糸纏わぬ豚のように肥えた人間の集団に放り込まれたりします。

そのチューブを咥えている人間の中に、先程ファーストフード店で会話をしていた友人もいるのです。

正気は保っておらず、既に少し肥えてきています。

食糧人類の1巻を購入したのでレビュー

そこに正気を保っていた、バカ強い男と、男性好きな男に、暴力的に絡まれます。

主人公が外に助けを求めようと叫ぶと、扉が開くのですが、得体の知れない巨大生物が入ってくるのです。

その巨大生物は容赦なく、肥え太った人間たちを喰い荒らし、去っていきます…。

これから主人公はどうなってしまうのか、見ているだけなのに息が詰まってしまいました。

進撃の巨人のように「捕食される人間」というテーマに、人間が人間を飼育するという更に恐ろしい状況が加わり、異常な展開から目が離せなくなります。

食糧人類の1巻を購入

食糧人類1巻 ダウンロード

遊戯王の全巻の感想もいっときます!

教室の片隅で一人ゲームに興じるほどネガティブな少年だった武藤遊戯が、あるパズルを組み上げたことで別人格を宿し、過激なカードゲームに挑んでいく物語。

10巻ぐらいまでは物語の方向性が定まらず、何が何やらよくわからないストーリーですが、カードゲームに軸を定めてからはぐっと読みやすくなります。

キャラクターの個性が強すぎるほどですが、どのキャラも被らないのがすごいところ。アニメはどうしても間延びしてしまうところもありましたが、カードゲームの良さをうまく表現していていました。

20周年の再放送も思わず見ています。

主人公の遊戯に宿った別人格が自分自身の過去を探すという壮大な設定が、ただのカードゲームマンガで終わらせない読みごたえを感じさせてくれます。

遊戯自身の成長や、周りのキャラクターの熱意、勇気、情熱が胸に沁みます。

現実ではなかなかあり得ない、少年マンガ特有の熱い思いがちりばめられています。巻数は多めですが、勢いがあるのでつい一気に読んでしまいます。

カテゴリー: フリースタイル タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です